株式会社つばさ住建は大阪市内を中心としたマンション売買専門会社です。

各種お問い合せ

電話番号 06-6632-7010

売却までの流れ

  1. HOME
  2. 売却までの流れ
売却までの流れ

Step1 売却のスケジュールを立てる

売却代金-ローン残債金-諸費用=手元に残るお金

まず、所有物件がどれくらいで売れるかを知ります。
弊社のホームページやご来店されてのご相談で無料にて査定いたします。

住まいの売却をお考えの人の中には、買換えを前提に住まいを売却する人も多いでしょう。
第一に気になるのは、「売却した場合、自分の手元にいくら残るのか?」だと思います。
まず、ローンの残債はいくらか、また、買換えの場合は諸費用も考えに入れておきましょう。
売却代金-ローン残債金-諸費用=手元に残るお金
ということになります。
手元に残るお金+自己資金=新しく購入するための頭金
になります。

買換えの場合、売却と購入のどちらを先にするかという問題もあります。同時というのが理想的ですが、個人的事情や市況にも影響されます。
タイミングが合わないと、仮住まいしなければならない場合もでてきます。なるべくコストの少ない売却スケジュールを立てましょう。

Step2 売却を依頼する

査定終了後、売却の意志が固まったら、媒介契約を結びます。
媒介契約については、3種類ございます(専属専任・専任・一般)。
詳しくは担当者にご質問ください。

Step3 売却活動

売却依頼を受けた業者が、購入依頼客への紹介、新聞チラシへの掲載、広告の配布活動、インターネットの活用など、物件の紹介活動を行います。

Step4 売却承諾

物件を売り出すと見学者の訪問を受けるようになります。見学者があなたの物件を気に入ると、仲介会社を通じて、買付依頼書が届きます。
そこには、購入希望価格、代金の支払い方法、物件引渡しの希望日などが記載されています。
売り出し価格は、必ずしも、成約価格になるわけではありません。内容に異存がなければ、売却を承諾します。

Step5 売買契約

売買契約当日は、買主と、仲介会社とともに、契約に移ります。両者が内容に納得し、契約書に署名、押印したら、契約終了です。

売主は契約後買主から手付金を受け取ることになります。これは一般的に解約手付けとみなされます。売主が一方的に解約する場合は、手付金の2倍の金額を買主に支払うことになりますので、注意が必要です。

Step6 残金の受け取り・引渡し

まずは所有者移転登記のために必要な書類等を準備しておきます。
残金決済は買主、売主、仲介業者、司法書士等が同席して行われます。残代金の授受は、売主から買主へ所有権移転登記が万全に行える旨の確認が司法書士等より得られた後におこないます。
残代金決済が終わると、固定資産税等の清算を行い、鍵を買主に渡すことになります。