株式会社つばさ住建は大阪市内を中心としたマンション売買専門会社です。

各種お問い合せ

電話番号 06-6632-7010

購入までの流れ

  1. HOME
  2. 購入までの流れ
購入までの流れ

Step1 資金計画を立てる

自己資金+住宅ローン=物件価格+諸費用

物件購入にあたっては、まず資金計画を立てます。
借入額や自己資金を把握して計画を立てましょう。

いくらの物件を買えるかは、自己資金と住宅ローンの合計で決まります。
ただ、その合計がたんに物件価格になるというわけではありません。
購入に伴う諸費用も必要になるからです。
諸費用の合計は、売買価格の約5〜10%前後が目安と考えられるでしょう。
つまり、
自己資金+住宅ローン=物件価格+諸費用
ということになります。

また、住宅ローンは、できるだけ無理のない返済計画を立てることが大事です。

Step2 情報収集

物件探しにあたっては、まずできるだけたくさんの情報を集めましょう。
特に最初の段階では、選択範囲を広め、新築や中古物件などの区別無く、いろんな情報を集めて価格の相場を理解しましょう。

Step3 優先順位をつけてみる

情報を収集したら、次は希望条件に優先順位をつけてみましょう。
100%希望を叶えてくれる物件が理想ですが、資金面などいろんな条件によっては、諦めざるを得ない場合もあります。そんな時、希望条件の優先順位があれば、よりよい物件選びが可能になってきます。

Step4 相談・現地確認

希望条件がある程度決まったら、業者にご相談ください。担当者がお客様の希望条件に基づいて、物件の検索、紹介を行います。

また、気に入った物件があれば、実際に現地確認を行います。間取り図や写真ではつかめない周辺の環境や、物件の雰囲気を直接感じましょう。
また1回の確認だけで満足せず、休日や平日、時間帯などいろんな条件で、判断することが大事です。
もちろんご家族全員の意見にも、耳を傾け、独りよがりな見方を回避することも重要です。

物件購入は高い買い物です。小さな疑問であっても担当者にご質問し、すべて解決して、納得して購入することが大事です。

Step5 購入の申し込みをする

購入を決めたら、購入申込書を記入して、提出していただきます。
購入申込の後、代金の支払、物件の引渡し時期などを確認していきます。
契約時から、実際に金銭が動きますので、疑問点、気になる点をじっくり確認してから申込を行うことが大事です。

Step6 重要事項の説明を受ける

不動産の売買契約では、契約を結ぶ前に必ず「重要事項の説明」が行われることになっています。
これは、登記簿に記載されている権利関係や、購入物件を使用するにあたっての法的な制限などといった、「対象物件に関する事項」と、契約時に支払う手付金の額や、契約解除の際の措置などといった「取引条件に関する事項」の2つがあります。

専門的で難しい場合があったり、説明は長時間を要しますが、意味がわからないまま聞き過ごすのは禁物です。分からない事は質問して、購入物件の事を理解しておいてください。

Step7 売買契約を結ぶ

「重要事項の説明」を受けて、内容に納得ができたら、いよいよ売買契約の締結です。
重要事項説明から続けて行われることがほとんどですが、たとえ同じ内容でも聞き流すことはよくありません。重要事項の説明と違って契約書はその内容によって法的な制限を受けることになりますから、いったんサインをすると後戻りができません。

不動産を購入する際の売買契約書には、法律で決まった書式はありませんから、内容に漏れがないか、不明な点がないか念入りにチェックする事が重要です。

Step8 住宅ローンの申込み

売買契約締結後に手付金を売主に支払い、手持ちの資金では足りない部分の融資(住宅ローン)を金融機関に申込みます。
その後の流れは、民間の金融機関と公的金融機関とでは異なりますから、自分の融資手段がどういうステップで進むのか、どんな書類が必要かを理解し、遅れがでないようにしたいものです。
また、最近は住宅ローンの種類も多くなってきており、金利の選択はもちろんのこと、ご自身にあったローンを選択できるようにしましょう。

Step9 残金の決済・登記

残金決済日が近づいてきたら、当日必要な書類、金銭等を確認します。
残金決済は、買主、売主、仲介業者、司法書士等が同席して行われます。
残代金の授受は、売主から買主へ所有者移転登記が完全に行える旨の確認が、司法書士により得られたら行います。

Step10 お引越し

引っ越しでは、住民票の移動、電気、ガス、水道、電話の移転手続き、金融機関や保険会社への住所変更届、荷物の搬入、ご近所へのあいさつなど、やらなければならないことが山のようにあります。どこで何をするか、誰に何をするかなど、あらかじめ計画を立てて準備しましょう。